特別養護老人ホームいこいの森

特別養護老人ホーム いこいの森 からのごあいさつ

「いこいの森」は、平成16年6月1日、介護を必要とする高齢者のうち、自宅で日常生活を営むことが困難な方を支援する目的で開設しました。ご利用者の皆さんは、緑豊かな閑静な地で、心穏やかにゆったりとした生活を送られています。 社会福祉法人美楽会は、「健康寿命への心ある支援」を基本理念とし、社団医療法人啓愛会とともに、介護と医療の切れ目ない連携を構築し、ご利用者はもとよりご家族にも安心を提供できるものと考えております。 施設の最大の特徴は、利用者個人のプライバシーをお守りする「個室」と、8~9人を一つの「ユニット」とし、各ユニットに配置された顔なじみの介護スタッフが、お一人おひとりの利用者の個性や生活リズム、何よりも個人の尊厳を尊重した暮らしをサポートしていることです。 「老い」や「死」は生きとし生けるものすべてにとって避けることのできない宿命であります。昨日までできていたことが今日はできない。そんな日は誰にでもやってきます。しかし、それを憂えるのではなく、与えられた環境のもとでより人間らしく生きること、それを支え続けることが私たちの使命だと考えます。 私たち職員一同は、ご利用者自身が生きてきた人生を敬い、お一人おひとりの心と身体の康寧を願い、ご家族の思いも受け止めながら、心を込めて支援したいと考えます。皆様のご指導・ご支援を切にお願い申し上げます。

 

施設長 及川 章吉

私たちは身体拘束ゼロを目指します(宣言)

私たちは、法人の理念である「健康寿命への心ある支援」を実現するため、入居者様やご利用者様の人権を尊重し、利用者本位のより良いケアを実現するため、生命の危険や緊急やむを得ない場合を除き、身体拘束を行わないことを宣言します。

社会福祉法人美楽会
特別養護老人ホーム いこいの森

令和元年5月1日

 

 

身体拘束の弊害

  1. 身体的弊害 関節の拘縮、筋力低下、食欲低下など
  2. 精神的弊害 人間の尊厳の侵害、認知症の進行、家族の罪悪感、職員の士気低下など
  3. 社会的弊害 介護福祉施設等に対する社会的な不信、偏見など

身体拘束ゼロに向けた5つの方針

  1. 施設長が決意し、施設全体で一丸となって取り組む
  2. 身体拘束を誘発する原因を探り、除去する
  3. 全員の強い意思で「チャレンジ」する
  4. 入居者様、ご利用者様の人権を一番に考慮する
  5. 福祉サービスの提供に誇りと自信を持つ

5つの基本ケアを徹底する

  1. 起きる
  2. 食べる
  3. 排泄する
  4. 清潔にする
  5. 活動する(アクティビティ)

~身体拘束廃止をきっかけに「より良いケア」の実現

 

 

≫スタッフ募集 詳細はこちら

種 別 特別養護老人ホーム
名 称 特別養護老人ホーム いこいの森
所在地

〒023-0132
岩手県水沢羽田町字水無沢497-1

[Googleマップで確認]

開 設 平成16年6月1日
定 員

長期入居  83名

ショートステイ 17名

TEL 0197-51-1155
FAX 0197-51-1251

▲上に戻る